TwitterとWordPressを連携させる5つの方法

TwitterとWordPressを連携させる方法のあれこれを、備忘録的にまとめておきます。
私の場合は、使っているWordPressのテーマがいろいろ対応していますので、実のところ簡単なことしかしてませんが、参考までに。
girl-1797769_1280

スポンサーリンク
レスポンシブ

Twitterのシェアボタンを表示する

記事の下についている色のついたボタンです。
Twitterの他にもいろいろありますね。

プラグインを使う方法などいろいろ方法があると思いますが、WordPress用の無料テーマSimplicityをインストールすると簡単に設定できるので、それを使っています。

SimplicityのカスタマイズからSNSタブをクリックして、チェックするだけでシェアボタンが表示されます。
表示する場所や表示するボタンの種類やシェア数の表示の有無なども簡単に選べるので、かなり便利です。
Simplicityなしではやっていけない。。

フォローボタンの設置

パソコンでこのページを見ると右の方についているボタンです。
私のTwitterページへのリンクになっています。

これもSimplicityのカスタマイズからSNSタブをクリックして、Twitterのアカウント名を入力するとそれだけでOKです。

ツイッターカードタグの挿入

右の方で私のツイートを見てもらうと分かりますが、画像が大きいと思いませんか?
このためにはプラグインを使ったり、特別な設定が必要で面倒ですが、Simplicityを使うと簡単に設定できます。

これもSimplicityのカスタマイズからSNSタブをクリックして、下の方にある「Twitterカードタグを挿入」をチェックして、カードの種類を選べばそれだけです。
最初この設定を見たとき、あまりにも簡単すぎて泣きそうになりました。(今まで苦労して挫折したのはいったい、、、)
iphone-926235_1280

投稿した記事を自動的にツイートする

プラグインのWP to Twitterがオススメです。
161127-083749
ただし、自分でAPI KeyやAccess Tokenを取得・設定する必要があります。
Twitter Application Managementから作成することになりますが、初めてやろうとするのはちょいと面倒なので、方法を解説してくれるサイトを探して手間がかかりそうであれば、自分で設定したTwitterシェアボタンをクリックするのが結局簡単かもしれません。

サイドバーに自分のツイートを表示する

これです。
tweet
Twitter Publishにアクセスして、自分のTwitterハンドルたとえば私の場合は@kajika777を入力します。
エンターを押すと、下に「Here are your display options」の文字が出てくるので、「Embedded Timeline」を選択します。
するとコードが現れてくるので、そのコードをサイドバーのウィジェットに貼り付ければOKです。
私の場合は、

 <a class="twitter-timeline" href="https://twitter.com/kajika777" height="600" data-chrome="noheader nofooter">Tweets by kajika777</a> <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

として、高さを指定し、ヘッダーとフッターを表示しないようにしています。
上のkajika777の部分を書き換えてそのまま使ってもできますよ。

結局、、

もともとTwitterなど全くもってヘビーユーザーからほど遠い私がTwitterのことを論じるのもアレですが、やはり使っているSimplicityというテーマがいたり尽くせりなので、だいぶ助かっているという話でした。

スポンサーリンク
レスポンシブ