アメリカのTPP離脱を機として考えてほしいこと

アメリカがTPPから離脱することは、もう避けられないような見通しになってきましたね。

トランプ氏が動画で断言しているわけですが、そうでなくても各方面から選挙公約がウソだろう、ウソであってほしいと言われ続けているときに、「約束を守る男」をPRしたい場合には、何か選挙中に宣言したことを実現する必要が出てきます。

それがTPPからの離脱であることはかなり可能性的に高くなってきたということです。
entrecote

TPPからの離脱関連で気になる記事を見かけました。
次の記事です。

これまで米国から輸入していた牛肉や豚肉は成長ホルモンや成長促進剤を使っていました。そもそもEUなどではそのようなお肉は輸入禁止です。EUでは1989年に禁止してから2006年までに、乳がんの死亡率が平均で3割程度減りました。
日本では、国内では成長ホルモンや成長促進剤の使用は禁止されていますが、それを使ったお肉は輸入できるというダブルスタンダードです。しかも、そのような表示をする義務はありません。出典: TPPの国会審議が教えてくれた大事なこと | 岸本周平

これ以外にも、遺伝子組み換え作物や収穫後に農薬が使われているレモンなどがアメリカからの輸入品目に入っていることが指摘されています。

これってどうなんでしょう?

TPP離脱後に、アメリカから二国間交渉の話が出てくると思うのですが、それがどのような形になるにせよ、政府にはきっちりとそのあたりの交渉をおこなってほしいものです。

日本国民を守るのは、軍事的なものだけではないですからね。

スポンサーリンク
レスポンシブ