カメラに詳しくない私がキヤノン EOS Kiss X7を選んだ理由と使った感想

スポンサーリンク
レスポンシブ

新しいカメラが必要になった理由

光の乏しいアリーナの中で、スポーツしている子どもたちを撮影するとどうしてもブレてしまいます。

さらに、

アリーナの低い位置に窓があったりすると、そこからの光が逆光になってしまい、肝心の被写体が暗くなってしまうのです。

そこで、

そういった環境でもバッチリ撮影できるカメラが欲しいと思っていました。

素人なりのカメラの条件

画像センサー(撮像素子)の大きなものを

カメラのスペックの中の、画像センサー(撮像素子)が大きい方が、光を多く集めることができます。

その画像センサーの主流は、1/2.3型(6.2×4.6mm)や1/1.7型(7.4×5.6mm)なのですが、1型(13.2×8.8mm)やAPS-C(23.4×15.6mm)くらいの方がいいなと思い、まずAPS-Cのものから探すことにしました。

リンク 画像センサー(撮像素子)とは?各サイズについて | カメラ選び&購入のポイント

価格帯は5万円を切るくらいで

高スペック・高価格の世界に足を踏み入れたくはなかったので、ほどほどの所で5万円を切るくらいの予算でなんとかなるものが欲しいと思っていました。

キヤノン EOS Kiss X7

画像センサーがAPS-Cで5万円を切るモデルがあるのかいな、というのが実のところでしたが、ありました。

キヤノン EOS Kiss X7」です。
Amazonで41,023円でした。(12月25日現在で41,980円)
参考価格は92,366円、量販店で見たら59,000円くらいでしたので、これは買いかな、とポチッ。

もっと新しい機種(Kiss X8iなど)もあるのですが、そこは価格優先で。

リンク Amazon : Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属

使ってみての感想

電源オンから撮影までストレスがない

一瞬というわけではないですが、撮りたいと思って電源を入れてオートフォーカスで撮影できるまでが意外と短時間でした。

室内で露出時間が長くなっても、さほどストレスを感じることなく撮影できるのがいいですね。

持った感じがいい

持った感じがいいと思いました。

大きさもほどほどで、軽くて構えやすい感じです。

操作がわかりやすい

操作は分かりやすい方だと思いました。

マニュアルをきちんと読まなくても、カメラの手前側をあれこれといじっていると割と短時間で分かってくるのはいいですね。

人物の色合いがきれい

室内でストロボを使用しませんでしたが、かなり明るく撮影できました。

しかも、子どもたちの肌の色がきれいに写せます。

ディスプレイも明るくてきれいです。

本人たちとディスプレイに映った写真を比べるとディスプレイの方が色合いがきれいがきれいだったりしますが、それはそれで。
さすがキヤノン。

不満があるとすれば

シャッター音が消せない

電子音は消せるのですが、シャッター音は設定でオフにしてもやっぱり音がしてしまいます。

スポーツ中はいいのですが、音を立てずに撮りたいケースもあるので、完全に無音にできるといいなと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ