鎌倉幕府の成立年はやっぱり1192年でいいのではという理由

いい国作ろう鎌倉幕府

鎌倉幕府の成立と言えば1192年、ゴロは「いい国作ろう鎌倉幕府」というのが学校の日本史で鎌倉幕府が出てきた時の定番でした。
そう、昔は。

けれども最近になって、頼朝の実質的な支配はもっと遡ることができるとし、1185年の守護・地頭の設置が最有力とされていました。

その時代の流れを受けて、鎌倉幕府の成立は1185年だ、1192年なんて言っていたらバカにされるぞと言った論調が増えてきたのも事実です。
したり顔で1185年だとするテレビ番組もありましたね。

そう言ったことを知った上であえて言います。
やっぱり鎌倉幕府の成立は1192年でいいんじゃないの?

徐々に政権基盤を確立していった源頼朝

鎌倉幕府は、一気に出来上がったものではなく、源頼朝が後白河院と交渉を重ねながら、徐々に武士のリーダーとしての地位を確立していったものと言えます。

まず、鎌倉幕府成立年の諸説と主な理由をまとめてみましょう。

  • 1180年 侍所を設置し、南関東の武士団をまとめる
  • 1183年 頼朝の東国支配権を朝廷から承認される
  • 1184年 公文所、問注所設置(行政・裁判機構成立)
  • 1185年 平氏滅亡。守護・地頭の任命権獲得
  • 1189年 奥州藤原氏を滅ぼす(対抗武家勢力排除)
  • 1190年 頼朝が右近衛大将に任命(武官の最高位)
  • 1192年 頼朝が征夷大将軍に任命(全国の武士の軍事指揮権)
  • 1221年 承久の乱で上皇方に勝利(西国掌握、朝廷掌握)

だいたいこんな感じで諸説それぞれが主張を持っています。
そしてそれも時代によって、移り変わっていく感もあります。

たとえば、1185年の守護・地頭の設置に関しても、それは短期的措置に過ぎないのではというもっと新しい説がでて、1185年なんだよというしたり顔もできなくなったと見られます。

実は鎌倉幕府の成立年に結論はないのかも

実際には、鎌倉幕府は源頼朝の私的機関が朝廷の承認を得ながら勢力を拡大していったもので、何年に成立ということは言えなさそうです。

さらに言えば、頼朝は鎌倉幕府の成立を宣言しているわけではないですし、そもそも、武家政権を幕府という言い方自体が江戸時代以降のものです。

何を持って幕府と言うのかということに関しては、現在に至るまで決まった定義が確立していません。

しかも、「鎌倉幕府」という言い方に至っては明治時代以降のものらしいので、このような状態で鎌倉幕府の成立年に対する決定打は今後とも出せないのではないかと言うわけです。

ということは、(スゴい論理の展開ということを自覚しながら言いますが)「いいクニ」で覚えやすい1192年で覚えておいてもいいんじゃないですか。

江戸幕府の成立は家康の征夷大将軍就任の年で文句を言う人もあまりいないようなので(いないわけじゃないのが微妙なところですが)、取りあえず江戸幕府とは整合性を取るということで。

ということで、お後がよろしいようで(よろしくない?)

スポンサーリンク