100%の果物ジュースをよく飲む人は糖尿病のリスクが高い

100%の果物ジュースや野菜ジュースは健康にいいというイメージがありますが、実は健康に全くよくないという記事が奥山真司の地政学「アメリカ通信」の中で紹介されていました。

ワシントン・ポストの健康欄に糖尿病の専門医の話として載っているものですが、特に100%のジュースは砂糖水よりもちょっといいか、似たようなものだということです。

まあ、ジュースにした段階で食物繊維の大部分が失われてしまうわけで、ジュースよりもむしろ果物を直接摂った方がいいという話です。

・果物ジュースをよく飲んでいる人はⅡ型の糖尿病が多い
・果物ジュースは嗜好品と思え(健康フードではない)
・子どもには特に絶対飲ませるな

果物にはビタミンが含まれていても、糖分(果糖)がその吸収を阻害するという話も出ていて、改めて注意を喚起したいところですね。

それにしても、このワシントン・ポストの記事のような告発が、日本のマスコミで目にする機会がない(私が知らないか、スポンサーがらみなのか)のは、ちょっと気にかかるところですね。

スポンサーリンク