民進党の安住代表代行の小池知事批判がブーメランすぎる件

民進党の安住淳代表代行が自民党籍を残したまま地域政党の代表に就任することについて「二重党籍」と批判しました。

民進党の安住淳代表代行は31日の記者会見で、東京都の小池百合子知事が自民党籍を残したまま地域政党「都民ファーストの会」代表に就任することについて、「二重党籍そのものだ。うさんくささを感じる」と厳しく批判した。出典: 小池都知事は「うさんくさい」=民進幹部が批判:時事ドットコム

「二重党籍」との批判は、当然「二重国籍」問題を弁明しない蓮舫代表へのブーメランとなってかえってきますよね。
しかも「二重国籍」の方が問題としてずっと重大だと言えます。

これって、ひょっとしたら安住代表代行が、「二重国籍」問題をうやむやにしながら(うやむやにすると言うことは事実だとみんなが思うわけで)、都議選への悪影響を避けられないこの状態を打開するために言っている?ことはないか。

スポンサーリンク
レスポンシブ