日産ノート e-POWERに3か月乗ってみた感想

遠距離通勤用にコンパクトカーにしようと思い、日産ノートに乗り換えたのが数年前。
この3月に日産ノート e-POWERに乗り換えました。

それからほぼ3か月。
乗ってみた感想は、「満足。買って良かった」です。

日産ノート e-POWERにした理由

他社から日産にした理由

かなり長い期間お世話になっていた以前のディーラーを乗り換えようと思っていたのは、整備の質が落ちてきた?と思えるような小さなエピソードが重なっていったことです。

そのことをずっと相談しようか迷っていた人(以前の担当で、私が信頼を置いていた人です)が配置換えでいなくなってしまい、誰にも言わないうちにまあいいやということになってしまいました。

そんな時に、認知症が進行して車を手放すことにした母の車が日産だったので、家から一番近い日産のディーラーに相談。
違う店舗から購入した車にも関わらず対応がよかったことに惚れてしまいました。
それまでのディーラーも昔こんなだったのにと家内と話しておりました。

日産ノートにした理由

私の日産車に対するイメージは無骨なデザインということでしたが、ノートはどうみても日産らしくなく、アクアやフィットあたりのデザインに近いような雰囲気を持っていて、それでノートにしました。

ノートが昔のデザインのままだったら、日産にはしなかったと思います。
日産車の走りについては特に問題があるとは思わなかったので、ポイントはデザインです。

日産ノート e-POWERにしたポイント

電気自動車(リーフ)って魅力だったのですが、充電がネック。
そこで実体は電気自動車で、ガソリンエンジンは充電のためだけにあるというコンセプトが決め手です。

欲を言えば赤の色具合が違う感じになってしまったのが残念です。
えんじ色っぽいあの赤の色が好きだったんですが。

今乗っているe-POWERの感想

燃費は条件がよければリッター30キロ超え

7万キロほど乗った以前のノートも通勤に峠を越えるような道路だったにもかかわらずリッターあたり20キロは超えてましたし、エアコン使わずに走れる季節になると24キロくらいまで行ってました。

e-POWERは、エコモードをオンにするかオフにするか、エアコン・ライト・ワイパーを使うか使わないかで燃費に差が出てきます。
エアコンの要らない今の季節、ライトはトンネルだけという状態だと、リッターあたり30キロほど走ってます。
これは、平地だったらもっとよくなりそうな感じはします。

ただし、エコモードをオフにするとだいぶ燃費は落ちます。

スタート時のエンジン音の静けさがたまらない

スタート時の静けさはすごいですね。
音もなくスーッと加速していく感じはたまりません。

外に出ると、運転席からはほとんど聞こえない歩行者向け?の音が聞こえます。

バッテリーが足りない時なんでしょうが、時折エンジンの音が大きくなったりします。
ちょっと気になるのですが、後ろの座席では以前のノートに比べてだいぶ静からしい。

エコモード時のエンジンブレーキがかなりよく効く

エコモード時のエンジンブレーキの効きが今までの車とかなり違います。
エコモードをオフにすると、以前のノートと同じような走りになります。

エコモード時は、アクセルを離すと運動エネルギーをすべて充電に持って行く感じでエンジンブレーキがよく効き、平地だと止まるところまでいきます。

交差点などで減速する時は、アクセルを離すだけで軽くブレーキングしたようになり、減速・加速の流れがとてもスムーズになります。
ブレーキランプつけなくて大丈夫か、と思ったんですが、アクセルを離して減速する時にはちゃんと光って後方車に知らせるようになっているんですね。

これは慣れるとカーブなどはかなり運転しやすくなります。

ただしエコモードはやはり坂道で加速したい時はもたもたします。
(当然のことですが坂道の登りはオフにするとかなり快適になります。その分燃費は落ちますが)

スポンサーリンク