ファミレスを全席禁煙にした結果 ⇒ 売り上げ増

産業医科大学(北九州市)の研究チームが、全席禁煙を実施したファミリーレストランで売り上げが伸びたという調査結果を発表しました。

同大の大和浩教授と姜英助教らは、2009~12年の改装をきっかけに受動喫煙対策を強化したファミレスに協力を依頼。喫煙席と禁煙席が隣り合う状態から、店舗の一部に専用喫煙室を設ける「全席禁煙」に変えた141店と、喫煙席と禁煙席を壁で仕切る「分煙」に変えた16店で、売り上げの変化を調べた。その結果、全席禁煙の店舗は改装前と比べ、改装後の1年目に2%、2年目に3・4%売り上げが増えた。一方、分煙の店舗の売り上げは1、2年目ともにほとんど変わらなかった。出典: 全席禁煙ファミレス、売り上げ増…産業医大調査 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

中国からひんしゅくを買い、中国人観光客が来なくなったアパホテルが売り上げを伸ばした話を思い出してしまいました。

ファミリーレストランの場合、客層は圧倒的にタバコを吸わないという人が多いことが予想されます。
その客層は近くに禁煙の似たようなレストランがあれば当然そちらに流れていくでしょう。
とすれば、全席禁煙にした方が、収益はあがると考える店は多くなって当然かもしれません。
しかも、レストランのイメージ戦略にもなります。

実際には収益の多寡が根本にあると思いますが、「客と従業員の健康のため」という理由がつくと、反対の声を上げることもできなくなります。

ということで、ファミリーレストランの全席禁煙の流れはどんどん大きくなって、やがてニュースにもならなくなるんでしょうね。

スポンサーリンク

2017-06-11生活ファミレス, 禁煙

Posted by KAJIKA