中国が、すべての市民を監視しポイント制評価へ

中国政府が、全市民に向けた評価システムの導入を検討しています。
その評価で、その人の人生と運命が決まるようになります。
実施時期は未定ですが、役人については2020年までに稼働するということです。

中国政府は、全市民に向けた評価システムの導入を検討している。その評価で全国民の人生と運命が決まるようになる。監視機関は職場とウェブでの行動をコントロールし、一定の数のポイントで中国人を与えることを予定している。ポイントは多いほど良い。英インデペンデント紙が報じた。
中国人がロシアへやってくる理由、オーロラを見てダイヤを買い、ソ連の過去のノスタルジーに浸るため中国人は消費、借金、SNSでの行動の分野で評価されるようになる。新法の素案では、人々の行動のデータは「可能な場所ではあらゆるところで」考慮されるようになると書かれてある。出典: 中国、全ての市民をポイント制評価へ

なんだか、すごいですね。
近未来SFの中だけの話だと思っていた全国民監視社会が、中国で実現しそうです。
ただ、年間20万とも30万とも言われる暴動が起きている現状で、どこまで共産党指導部の力が及ぶかは未知数の感じもします。

スポンサーリンク