一人の求人に一万人近くが応募する中国の就職事情がヤバい

宮崎正弘氏氏のメルマガで、たった一人の公務員補充募集に一万人が詰めかけて大混乱という話が紹介されていました。

公務員は、宴会禁止・出張制限・汚職防止で業者と会わない等で、暇でスマホをやる時間がたっぷりあり、早く帰れる公務員は今や人気だとか。

 中国民主連盟というのは、「野党」ということになっているが、実態は共産党のダミー、党の綱領には「共産党の指導の下で」と書かれており、アリバイ的に野党が存在することになっている建前上の組織。
来客も少なく、やることはとくにない。デモも集会も禁止されているから。
 10月25日、この中国民主連盟が「受付」をひとり募集するとしたところ、な、なんと9837名が履歴書をもって列に並んだ。
 景気の良いときは誰も顧みなかったポスト、それが「閑職でも安定した収入が望める」「なんたって公務員だから」とばかり、押しかけたのである。出典: 宮崎正弘の国際ニュース・早読み (たった一人の公務員補充募集に一万人が詰めかけて大混乱 (2016年10月26日発行) | 宮崎正弘の国際ニュース・早読み – メルマ!

しかも、地方の3K職場は募集しても応募者がいない状況で、中国の就職事情はかなりまずいことになっているようです。

スポンサーリンク
レスポンシブ