確かに、モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。涙の裡に玩弄するには美しすぎる。空の青さや海の匂いのように、万葉の歌人が、その使用法をよく知っていた「かなし」という言葉のようにかなしい。こんなアレグロを書いた音楽家は、モオ ...

戯曲・ミステリーにみるモーツァルトの毒

1825年に死んでいるサリエリは、晩年に精神が錯乱し、死の直前にモーツァルトを毒殺したと噂されていました。
プーシキンの戯曲『モーツァルトとサリエリ』は、サリエリの死の翌年から構想がはじま ...